Gスポットという性感帯

Gスポットとは、女性の性器の内部にある性感帯の内の1つです。
恥骨の裏側、膀胱のすぐ近くにあります。
一般的には、膣口から3センチから5センチ程度奥に進んだところにあると言われています。
ただ、スポットのある場所には個人差があるので、その女性のスポットの正確な位置は、実際に触って確かめる必要があります。
確かめる際には、膣に中指を挿入するといいです。
女性に仰向けで膝を立てて寝転がってもらい、手の平が上を向くような形で中指を挿入していきます。
そうして第二関節まで膣内に収まった段階でそれ以上の挿入をやめ、指を軽く折り曲げたり小刻みに動かしたりして、お腹側の膣壁を擦ってみましょう。
すると、他の部分とは何となく感触が違う部分が見つかります。
その部分を集中的に刺激してみて、女性が何らかの強い反応を示すようなら、そこがその女性のGスポットである可能性が高いです。
ちなみに、このスポットを刺激した際に女性が示す反応は、気持ち良いという反応とは限りません。
尿が出そうだという反応を示す場合もありますし、痛いという反応を示すこともあります。
尿が出そうだと感じるのは前述の通りスポットが膀胱の付近にあるためで、痛いと感じるのはその部分を刺激されることに慣れていないからです。
女性の身体をその部位への刺激に慣れさせて性感帯として開発して初めて、女性はこの部位で性的な快感を感じられるようになります。
ですからくれぐれも、スポットの位置を把握できたからと言って、初っ端から激しく刺激するようなことは避けてください。
また、爪を立てると膣壁にキズがついてしまいますので、刺激する際は指の腹部分を使うようにしましょう。