手マンは徐々に

セックスの際に、女性を気持ちよくさせたいと思うでしょう。
感じている顔を見たい、沢山気持ち良くなってほしいと思う気持ちは大切です。
しかし男性ばかり張り切ってしまい、女性から気持ち良くなかったと言われないようにしましょう。
手マンが好きな方も多いです。
しかし方法を間違えると、お互いの仲が冷めてしまうこともあるので注意しましょう。
女性の膣内に指を入れて、気持ち良くさせる方法です。
いきなり始める方もいますが、その前に女性の準備を整える必要があります。
愛撫をたっぷりと行って、膣内に指を入れても良いと心を許してもらいましょう。
キスをして服を脱がし、その後胸など上半身から責めます。
決して焦らず、ゆっくりと下半身に降りてきます。
しかしすぐに女性器を見るのではなくて、足やお尻なども気持ち良くさせてあげます。
するとどんどん愛液が溢れてきます。
女性から足を広げることもあるので、女性器を見ても良いとの合図がありましたらゆっくりと見てあげましょう。
間近で性器を見られるのは恥ずかしいです。
恥ずかしさが手伝って、さらに愛液が溢れてきます。
沢山溢れているようでしたら、膣の入り口付近についている愛液を指にからめるか、もしくは自身の唾液で指を濡らしましょう。
いきなり膣内に指を入れると、多くの女性は痛がります。
初めは人差し指だけ入れます。
決して奥まで急に入れるのではなくて、膣の入り口付近まで入れてすぐに抜きます。
抜いたり入れたりの作業を繰り返しながら、徐々に膣の奥まで指を入れて行くのです。
そうすることで、女性はリラックスしながら膣内に指が入ってきていることを感じられます。
するする入るようになったら、今度は中指も含めて2本、そして薬指も含めて3本と増やしていきましょう。
途中で痛そうな顔をしたら一旦止めます。
大丈夫か声をかけながら、常に問題ないかを確認をして行っていくと気持ち良いと言ってもらえるでしょう。
手マンはゆっくりと慎重に行うことが大切です。