クンニの正しいやり方

男女の営みの中で女性の性器に男性の性器が挿入されて男性が射精してしまうのがゴールならば、クンニはそれ以前の予告編、本格的な交わりの前の大切なセレモニー、キスとは別の意味で男女を激しく欲情させるなくてはならないステップと言えるでしょう。
道徳観とかSEXに対する教育の偏りでこの行為を極度にいやがる女性がたまにいます。
それはそれで無理に強いるのではなくて自然の流れの中で始まってしまうというのがいいでしょう。
性器に直接、男性の舌が触れる前に、しっかりと彼女の気持ちを高まらせ優しいキスを相手くちびるにすることで彼女を精神的にも濡らしてしまうことが必要です。
こころがリラックスして濡れてこないといくらテクニックを施しても効き目が現れにくくなってしまうからです。
そして舌を使う順番は、太ももの付け根のあたりから始まるのが基本の形です。
そして股間に近づいていくのです。
大陰唇をさらりと嘗め回すことが必要です。
それが一通り終わったら、今度は小陰唇の方に移っていくのです。
この順番は間違わない方がいいです。
同じ相手とのSEXの場合彼女の方も記憶していますから、あまり変幻自在というのはかえって逆効果になってしまうからです。
そして、やっとたどりつくのが膣口になります。
基本はじらしあるのみです。
少しなめては振動を与え場所変えて噛んだり吸ったりすることが大切です。
クリトリスに到達するころには彼女はかなり息が荒くなり、膣内にまだそうに有していないのに半分行ってしまうこともあります。
しかし、そこであわてて挿入ということは厳禁です。
まずクリトリスの皮を剥いてあげましょう。
このクリトリスの皮を上げたまま舌を使ってクリトリスを攻めることを開始しましょう。
舌を脱力して刺激をスピーディに与え続けることが大切なことになってきます。
最初に左右に動かすことから始めてみましょう。
一通り左右が終ったら上下の動きに切り替えてみてください。
大体どういう動きをしたらその女性が良く感じる菓子そのあたりで大体わかってくるものです。
挿入した後も指をそえることでクリトリスは攻めることが出来るので上手い攻め方を記憶にとどめておくことは大切です。
ここまでやって本番挿入前のじらしを仕上げておくことが大変大切なことになります。
挿入したときの女性の感じ方にも大きく影響が出てきます。
そういう意味でクンニは手抜きは禁物です。

くんに|潮吹き|ペニスの悩み相談・セックステクニック